心因性EDについて

ED治療薬の製造会社と販売方法

ED治療薬の製造会社は基本的には開発をした大手のメーカーですが、特許が切れているので、現在では多くのジェネリック医薬品の会社が製造して販売を手がけています。日本ではED治療薬のジェネリック医薬品は処方されないので、医療機関では手に入れることができませんが、個人輸入を利用すると簡単に手に入れることができます。ジェネリックの大手の会社が製造販売をしているED治療薬は有効成分が安定しているので信頼性も非常に高いのですが、インドなどで作られたジェネリック医薬品の中には粗悪なものが数多くあるので、販売している個人輸入代行業者が信用できるかを判断して購入するしかありません。EDの薬は日本国内では3種類販売されていますが、全ての薬が1錠あたり2000円程度するのでセックスをする度に薬を服用しているとかなり多くの費用が必要になります。そのために個人輸入で安く手に入れられるジェネリック医薬品の人気が高くなっていて、1錠あたり数百円なのでお金に余裕がなくても購入することができるので、EDの症状に悩んでいる男性の多くが個人輸入を利用してジェネリック医薬品を購入しています。本物の薬を確実に手に入れるためには信頼と実績のある業者に依頼をすることが重要で、有効成分の検査や、輸入経路の追跡ができる業者の方が安全性が高くなります。ジェネリック医薬品は世界中で製造されているので、とくにインド産のものは衛生状態が悪い工場で製造されているので、品質が低いものが多く含まれていて、有効成分が均一に入っていないので、効果が安定しないとされています。また添加物に関しても健康に悪影響を及ぼすものが使われることがあるので注意をしなければなりません。